3つの費用|納骨堂はメリットたくさん!価格も安く、立地も良い!

納骨堂はメリットたくさん!価格も安く、立地も良い!

3つの費用

参列する人々

「葬式にはいくらくらいの費用がかかるんだろう?」このような疑問をもたれる方は少なくないかもしれません。
実は、葬儀には3つの費用が必要となります。
まず1つ目が「葬儀本体費用」です。これは、病院などへの遺体のお迎え、搬送などから、通夜・葬式、告別式、火葬などへと続いていく葬儀一式を執り行うために必要な場所や物品、それに人件費などにかかる費用のことを指します。ちなみに「葬儀本体費用」の全国平均額は約200万円ほどです。
次に2つ目が「寺院費用」です。これは読経料や戒名料などが該当しますが、この寺院費用は寺社や教会によっても大きく異なりますが、読経料としては約20万円以上、戒名料としては約5万円以上が全国相場となっています。
次に3つ目が「接待飲食費用」です。これはさらに、大きく分けて3つに分類できます。
まず「通夜料理」です。これも葬儀形式によって費用が異なりますが、100名ほどの一般的な葬儀の場合、約25万円ほどかかります。
次が「告別料理」です。これも100名ほどの一般的な葬儀の場合、約50万円ほどかかります。
次が「会葬返礼品」です。100名の会葬者で1000円の会葬返礼品の場合、約10万円ほどかかります。
こうしてみると、葬儀には約300万円ほどの費用がかかることになり、簡素化や節約を考える方も大勢いらっしゃることでしょう。しかし、葬儀には支出ばかりでなく、香典などの収入があることも考慮しましょう。ですので、実質的な必要葬儀費用は、こうした出るものと入るものの差し引きで案分すべきなのです。

葬式の種類

悲しむ女性

葬儀には種類があります。親しかった職場の方や友人にも会葬してもらう「一般葬」がメジャーですが、最近では「家族葬」や「直葬」「自由葬」をおこなう人も増えています。

葬儀社選びはしっかりと!

水の入った桶

葬儀社選びはしっかりしましょう!悪徳業者がいる!というわけではありませんが、費用などの面で相談しやすい、サービスが丁寧などの条件を自分の中で考えて、当てはまる業者に依頼するようにしましょう!

↑ PAGE TOP