葬式の種類|納骨堂はメリットたくさん!価格も安く、立地も良い!

納骨堂はメリットたくさん!価格も安く、立地も良い!

葬式の種類

悲しむ女性

葬儀社が遺族の方に提供する葬式サービスは、年々多様化してきています。では、葬式にはどんな種類があるのでしょうか?
まず、遺族や親族以外の生前、親しかった方や職場の方々などにも会葬してもらう葬式を「一般葬」と呼びます。さらに、この一般葬を大規模にしたものを「社葬」や「合同葬」と呼びます。
逆に、遺族や身内だけで行なう葬式は何と呼ぶのでしょうか?
まず、家族だけで行なう葬式を「家族葬」と呼び、遺族や親族を中心に故人のことをよく知る方々のみに会葬してもらう葬式を「密葬」と呼びます。この密葬は、広く告知されることはなく、密やかにとりおこなわれます。
では次に、より簡素化された葬式の種類を見ていくことにしましょう。
通常であれば、2日に渡り行なわれる葬式を一日で済ますものを「一日葬」と呼び、葬式を行なわずに火葬のみを行なうものを「直葬」と呼びます。この直葬は、葬式費用が安くは済みますが、費用面だけで考えてしまうと後悔してしまう場合もあるので、検討には慎重になる必要があります。
では次に、その故人にちなんだ葬式の種類を見ていくことにしましょう。
まず、通常の葬式のような形式にはとらわれず、自由な葬式スタイルのものを「自由葬」と呼び、その中でも例えば音楽を中心にして式次第を構成されたものを「音楽葬」と呼びます。また、故人とゆかりのある大勢の方々にお別れしていただく「お別れ会」は、遺族や親族で葬式や火葬を行なった後、後日開かれる会となります。
このように、葬式の種類は様々であり、これ以外にも数多くあるので、希望がある場合は葬儀社に相談してみるとよいでしょう。

葬式の種類

悲しむ女性

葬儀には種類があります。親しかった職場の方や友人にも会葬してもらう「一般葬」がメジャーですが、最近では「家族葬」や「直葬」「自由葬」をおこなう人も増えています。

葬儀社選びはしっかりと!

水の入った桶

葬儀社選びはしっかりしましょう!悪徳業者がいる!というわけではありませんが、費用などの面で相談しやすい、サービスが丁寧などの条件を自分の中で考えて、当てはまる業者に依頼するようにしましょう!

↑ PAGE TOP